SponsoredLink

バレンシアガの歴史

今人気のファッションブランド、バレンシアガを設立したのは、クリストバル・バレンシアガという人物。1895年に、スペインのゲタリアに生を受けました。


マドリードで修業に励んだバレンシアガは、若いうちから独立し仕立屋を開業しました。その後、バレンシアガはパリのオートクチュールコレクションに参加したのをきっかけに、注目を浴びることとなり、マドリードに支店を出すほどになったのです。


時代的背景もあったのか、バレンシアガは様々な国の情勢に振り回されます。しかし、逆境に負けない強さを持ち合わせていたバレンシアガは、パリのプレタポルテコレクションでも脚光を浴び、さらにバレンシアガの知名度を上げる結果となったのです。


その後、バレンシアガは後々シリーズともなるウール生地の黒いドレスをはじめ、様々なタイプのドレスを展開していきました。他にもスーツや香水も発表するなど、事業を拡大して成功を成し遂げました。


バレンシアガの快進撃はそれでとどまることなく、バレンシアガはサックドレスでレジョン・ドヌール勲章を受賞しました。これにより、バレンシアガというブランドは、確固たるものとなりました。


バレンシアガの歴史、それはそのまま、クリストバル・バレンシアガ、その人の歴史です。バレンシアガのアイテムがあんなにも素晴らしいのは、クリストバル・バレンシアガの強い信念、逆境に負けない強さが反映されているから、かもしれませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5383689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック